So-net無料ブログ作成

「Santa Fe事件」と呼ばれている [思うこと]

2014年2月23日付の産經新聞のサイト内で、下着の歴史の変遷に見る、日本女性の意識の変化の関係に関する記事を見つけました。

その中から、りえちゃんの有名な写真集「Santa Fe」に関する部分だけちょっと紹介・・・。

 

>・・・そんな中、平成3(1991)年、事件が起きる。女優、宮沢りえさんのヌード写真集「Santa Fe」の発売だ。

  「宮沢さんの健康的なスタイルにあこがれ、それまで日本女性の中では否定的だったグラマーなバストへの要求が高まったのです」(福岡さん)。  

当時については、今もワコール社内で「Santa Fe事件」と象徴的に語られている。宮沢さんに触発された女性たちの中で、自分の体をきれいにみせたいという意識が高まった。

翌4年、同社が発売した「寄せて 上げる」のキャッチコピーで知られる、ブラジャー「グッドアップブラ」は大ヒット。20年以上がたった現在も「寄せて 上げる」は、同社の主なブラジャーの基本機能だ。

 

なるほど、りえちゃんのあの抜群のスタイルが、当時の日本人女性のバストへの意識変化をもたらした。

「寄せて上げるブラ」誕生の裏側には、こんな理由が隠されていたんですね。

確かに、りえちゃんの写真集以後、(あくまでも一部の)一般女性の間で、記念にヌード写真を撮るのが流行っていました。

りえちゃんが会見の席で、「体が綺麗なうちに撮っておきたかった」と発言したのを受けて、そんな流行が起きました。

今の若い女の子達はとってもスタイルが良いから、りえちゃんのヌードがどれだけ当時の日本人女性にインパクトを与えたか、あまり理解できないかもしれません。

当時も今も痩せっぽちの私には、今でも鮮明に残っている記憶です。

 

 

pic.yupoo.jpg 

 

 

 

  ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓



共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。