So-net無料ブログ作成

「ママ以外は人間じゃない」の続き [思うこと]

昨日書いた記事「ママ以外は人間じゃない」を思い返していて、ふと思い出したのが、この映画。

「La Vie en Rose」という、シャンソン歌手・エディットピアフの生涯を描いた映画の中で、エディットと10代の頃のりえちゃんの姿が、多少たぶる場面があります。

(あくまでも私の視点から見ると、ですが。)

 

La-Vie-En-Rose.jpg

la_vie_en_rose-360x307.jpg 

 

 

歌手としてデビューする前、エディットは道端で歌を歌っては日銭を稼ぐ生活をしていました。

でも一日稼いだお金は、その土地を牛耳る人にピンハネされ、もしその人が満足する金額を稼げなければ、「もっと稼げ。でなければ、その辺で脚を広げて体を売ることになるぞ。」と脅されます。

その時のエディットは、うろたえ、おろおろしながら、「ごめんなさい。今度はもっと稼いできますから、どうぞここに置いて下さい。」と、まるで捨てられそうな小さな子供のように、その元締めにすがって懇願するのです。

 

lavieenrose16.jpg

 

歌手としてパリの有名なナイトクラブでデビューした後、不運な出来事により、エディットは歌うことが出来なくなります。

そのエディットを一から教育し直し、プロの歌手として再出発させようと、一人の音楽家が援助の手を差し伸べます。

ですが、彼のレッスンは過酷を極め、不運な幼少期の影響から極度の神経質だったエディットは、何度もレッスンを放り投げようとします。

その度に、音楽家である彼は、エディットに厳しく接し、プロとしてやっていくように励ますのです。

その時のエディットは、厳しく接する音楽家の男性に、まるで小さな子供が懇願するような目で、すがろうとします。

6389.jpg

tumblr_l6e8laNIvQ1qarwhv.jpg 

 

 

りえちゃんもエディットのように、幼少期に庇護者であるはずの親から離れられた、もしくは独りぼっちの経験をしたことがあるのではないか、と、この映画と10代の頃のりえちゃんの様子を比べて思いました。

エディットのような壮絶なものではなかったにせよ、りえママに捨てられたくない、という強烈な不安心理は、どう考えても幼少期の親子関係が原因だと思います。

そう考えたら、まだりえママと強~い絆で繋がっているにせよ、今のりえちゃん、かなり大きく殻が破けたんだなぁ、とふと感じました。

以前書いた記事「昔に戻るのを受け入れていない」でも触れていますが、やはり芸能界という特殊な環境(10代の女の子にはちょっと辛いでしょうね)で、さらに実の母親が公私ともに仕切っている中で、彼女の人生の正負のバランスが崩れてしまった時に、自身の心のバランスを大きく崩し、それが拒食症という形で表面に現れた。

その状態から、よくここまで回復したものだなぁ、と思いました。 

でも、古田新太とのツーショット写真やそれ以外の過去の男性との写真(又は出来事)を思い返すと、やはり誰かに頼りたい、又は守られたい、という強い意識は残っているんですね。

ただ、それがりえちゃんの魅力でもあるわけで・・・。

 

う~ん、何だか複雑な気分。

 

 

 

  ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓



共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。