So-net無料ブログ作成
検索選択

りえちゃんの歯(ちなみにほとんど画像はない) [思うこと]

*この記事はほとんど画像なしでお届けします* 
というか正直めんどくさー(笑) 
てか、それ拾い物じゃ・・・

 omg_funny_dog.jpg

 

 

 

りえちゃんの歯が差し歯なのはよく知られています。

理由は拒食症による嘔吐が原因で歯のエナメル質が溶けてしまったため、と言われています。

拒食症に陥ると嘔吐を繰り返すため、胃酸で歯のエナメル質が溶けてしまい、虫歯になりやすかったり、また被せてある詰め物が取れやすくなったりするのだそうです。

ですから、歯医者さんが治療している患者さんの歯の状態から、その人が拒食症に罹っているかどうかを判断する、と何かで読んだ記憶があります。







<りえちゃん14歳>
以前にも紹介した通り、りえちゃんは「骨格的に出っ歯」らしく、上顎の前歯二本が印象的な歯並びでした。



<りえちゃん19歳>
婚約破棄の辺り。この頃、奥歯にいくつか銀歯の被せ物がありました。
当時はまだ、今の様に白いクラウンを被せるというのは、今ほど流行ってなかったんでしょうね。



<りえちゃん22歳>
拒食症による嘔吐が原因で歯のエナメル質が溶けてしまい、虫歯だらけだったそうです。
確かあの頃、移住先のアメリカで「歯医者によく通っている」と、フジテレビのインタビューで答えていました。
この時点で上顎の前歯4本と奥歯2本の合計6本を差し歯にしていました。


<りえちゃん25歳>
上顎の前歯2本をマイナーチェンジした頃。

 


<りえちゃん26歳>
他にもいくつか差し歯にしていた頃。
この頃は全体的に歯が黄色くなっていました。
やはりエナメルが溶けてきて、象牙質が見え始めていたんでしょうね。
この頃は顔が痩せこけてしまい、見た目が貧相になっていました。

 



<りえちゃん28歳>
この時に下顎の前歯6本(黄色がかっている部分)以外の全ての歯(計18本以上)を差し歯に替えました。
(上顎の歯は全て差し歯という事になります)

拒食症に罹ると嘔吐を繰り返しますが、嘔吐をする時の舌の位置は下顎の前歯にかかる様にして嘔吐をするため、下顎の前歯のエナメル質は溶ける事があまりないそうです。
ちなみにこの時の治療費は500万円程度、と言われています。
確か原宿にある審美歯科で治療をしたそうです。

ちなみに、この審美歯科の歯科医が、審美歯科の学会でりえちゃんの顔写真を使って施術例を発表していたらしい、という噂があります。
この全面改装(?)の辺りに、審美歯科学会主催のEラインが綺麗な有名人に選ばれていたので、それも関係してるんでしょうかね・・・。




<りえちゃん34歳>
口元のを伸ばしを目的に、再度差し歯を作り替えました。この頃は「口元が汚くなった」とネットでの書き込みがよく見られていました。

 


<りえちゃん35歳>
白くて綺麗な歯並びに見えますが、入れ歯っぽく見えています。
あと、口元が老けた印象です。

 
 

<りえちゃん38歳>

確かに見た目は綺麗になりましたが、歯茎の色が少し気になるのと、上顎が出っ歯のようになっているので、見た目が年寄り臭くなった気がします。

30歳代後半とは思えない口元です。(残念ながら・・・)




このままいったら、本格的に年を取った時に(工藤静香のように)入れ歯になるんじゃないかと今から気になりますが、まずは歯茎の健康を保って欲しいですね。

あとは、なるべく体重を増やして口元の皺が目立たないようにして欲しいなぁ、と思う今日この頃です。 

 

 

 to_narita-img424x600-1338892376bzmqli59606.jpg
この頃にちょうど歯を全面改装したと思われる。
でも撮影中は確かまだ黄色が目立ってたような・・・? 

 

 


↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓
 
人気ブログランキングへ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。