So-net無料ブログ作成
検索選択

灰皿飛んでこい [思うこと]

 下谷万年町物語.jpg

_1_image_290_387.jpg

_1_reference.jpg

IMG_0750-thumb-535x356-8424.jpg

 

 

蜷川幸雄演出の舞台「下谷万年町物語」に、りえちゃんが男装の麗人役で主演するそうです。

りえちゃんは是非蜷川幸雄の舞台に出たかったのと、りえちゃん自身が唐十郎が好きらしく、今回の舞台出演はとても楽しみにしているようです。

蜷川幸雄の舞台は厳しい事で有名ですが、りえちゃんは制作発表会見で「灰皿が飛んでこいという気持ちでけいこに臨みたい」と答えていました。

 りえちゃんって本当に名実共に実力派女優なんですね。

だって蜷川幸雄の舞台に主演するというのはそう簡単ではないでしょうから・・・。

それにしても今のほっそりしたりえちゃんには、マニッシュな役は似合うでしょうね。

 

↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓
 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

おしゃれイズムとりえちゃんの続き [TV]

私が見ていたネット動画ではおしゃれイズムの続きが見られなかったので、改めて続きの分を少し紹介・・・。

後半部分ではりえちゃんのプライベート写真がいくつか紹介されました。

 

 

rie-oshare01.jpg

rie-oshare02.jpg

rie-oshare03.jpg

 

 

りえちゃんが仕事の準備をしていると、2歳半になる娘さんが「ママ、メメしたの?」とお化粧をしたりえちゃんに聞くそうです。

2枚目の写真は娘さんが撮ったものだそうです。

上手に取れてますね。

どの写真もなぜかプライベートな印象を受けなかったのはなぜでしょうか??

(セピアに加工されていたから??)

とまあ、愚問はさておいて、 落ち着いた印象を受けたりえちゃんのプライベートでした・・・。

 

↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓
 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

おしゃれイズムとりえちゃん [TV]

先日りえちゃんが「おしゃれイズム」にゲスト出演した時の様子です。

 

 oshare_ism_rie01.jpg

oshare_ism_rie02.jpg

oshare_ism_rie03.jpg

oshare_ism_rie04.jpg

 

 

私はこの番組の一部をネットで見ました。(注:日本にいないためです。)

画像が多少悪かったのと画面が小さかったせいか、りえちゃんの劣化ぶりはそんなに気にならなかったのですが、

さっきネットでりえちゃん出演分のこの番組の情報を探していたところ、「りえちゃんが劣化した」 という記事が沢山上がっていて驚きました。

どうやら地デジに変わってから克明に画面に映し出されるようになったために、りえちゃんの顔のが沢山目立った、という事らしいのです。

ただ、私もこの番組を見始めた最初の頃に「・・・?何かりえちゃん、印象変わったな??」と思いました。

よ〜く見てみると、それはどうやら(やっぱり)口元のせいだったようです。

差し歯が出っ歯の様になってしまっている事と、口元の辺りが痩けてしまっているために、老け込んだ印象を受けたのだと思います。

 

で、ネット上でこの番組内でのりえちゃんの画像が上がっていたので、一つ紹介します。

 

680e62e2.jpg

 

 

 確かに目尻の皺が目立ちますが、やっぱり皺よりも口元が老け込んだ印象を与えている様に感じます。

(ただ、この写真大きいサイズのものも見たのですが、見ようによったら差し歯というよりは入れ歯の様に見えなくもありません)

 ※あくまでも主観ですよ!主観!!

 

 

トーク番組のため、サプライズゲストの水川あさみと一緒に楽屋話やお互いのプライベートについて話していましたが、いつまでも若い頃のままという印象を受けました。

人によったらこれが嫌に感じる場合もあるようですが、これもりえちゃんの魅力の一つと思って許してあげて下さい・・・、と思う今日この頃です。

 

↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓
 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

E-ラインが綺麗 [思うこと]

MR-net.jpg

E-line.jpg

 

 

 

 

口腔外科医師の徳本憲道さんという方のサイトで見つけました。

これらの写真の注釈には「2000年度 E-ライン・ビューティフル大賞受賞の宮沢りえさんとのツー・ショットです」とありました。

 そういえば以前りえちゃんは、E-ライン(鼻から顎にかけてのライン)が綺麗な「横顔美人」として、この賞を受賞していました。

その時、「綺麗と言われるとやっぱり嬉しい」というようなコメントをしていたのを覚えています。

 ちなみに気になったのが、もう一つの注釈である「第8回日本成人矯正歯科学会大会パーティ会場にて(2000.6.18)」というものです。

これが報道された時に、「・・・これは歯列矯正の啓蒙のために創設されたもので・・・」というような主旨の紹介がされていました。

2000年という事は、りえちゃんは当時27歳だったという事ですが、以前りえちゃんの歯について紹介したページでは、りえちゃんは28歳の時にほとんどの歯を差し歯にした、となっています。

という事は、この賞をもらった時はまだ前歯や一部の奥歯を差し歯にしていた頃ですね。

歯列矯正の啓蒙のために・・・、という賞をもらった後に歯の大掛かりな手入れを行ったのは、なんだか皮肉めいた気がしたのは私だけでしょうか・・・。

りえちゃんの歯の手入れを行った事で有名な「原宿デンタル」の歯科医が、審美歯科の学会でりえちゃんの顔写真を使って施術例を発表していたらしい、という噂があります。

それがもしも本当なら、りえちゃんがこの賞を受賞した事と、その後に歯の大掛かりな手入れを行った事が、関連しているように思えなくもありません。

 

 

 ところで、ずっとこのブログのアクセス解析のページを見ていて気付いたのですが、りえちゃんの歯を紹介したページへのアクセス数が常に上位を占めています。

どうやら巷でのりえちゃんの歯への関心は高いようですね。

という事は、このページへのアクセスもそのうち上位に入ってくるのかも??

(いや〜、どうでしょうね・・・。)

 

↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓
 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

七色いんこ [思うこと]

405318547.jpg

img_1281026_38854050_2.jpg

 

 

 

2000年にSMAPの稲垣吾郎主演で行われた舞台「七色いんこ」のパンフレット

りえちゃんと稲垣吾郎はこんなところで共演していたんですね。

これは手塚治虫の漫画が原作だそうで、りえちゃんは稲垣吾郎演じる役者泥棒・七色いんこを追う女刑事・千里万里子役だったそうです。

11年前かぁ。SMAPとりえちゃんは仲がいいと聞いたことがありましたが、仕事上でも長いおつきあいがあったんですね。

それにしてもこの頃のりえちゃん、まだ若かったせいかも無く綺麗ですね。

 あまりシワシワって言うのは良くないとは思いますが、だけど、りえちゃんの劣化具合があまりにショックだったもので、せめて顔の相が変わらない程度に劣化して欲しかったです。

激やせと騒がれた時よりも、20代後半から現在辺りの方が、より皺が目立ってしおれて来たような印象を受けます。

激やせが表面化した時は、かつてぽってりしていた下唇(りえちゃんの魅力の一つでした)が突き出た様になっていて、 「見た目が変わったねぇ〜」と同級生たちと話していたものでした。

それが今では激やせというよりも、皺枯れのようになってしまっていて、なんだか悲しくなってきます。

 人が不健康に痩せるのは、こういう結果になるんですね・・・。

 

↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓
 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

明智小五郎対怪人二十面相 [TV]

img_245471_61281555_2.jpg

episode-11929-320.jpg

21menso-1.jpg

21menso-2.jpg





2002年にTBSで放送されたドラマ「明智小五郎対怪人二十面相」を紹介します。

これは確かりえちゃんがアメリカから帰国してから出演したドラマの様に記憶しています。

さっき中華系の動画サイトで全編見てきました。

(日本と違って向こうは上げ放題になっているので、外国に住む者にとって日本のドラマなどを見るのに、こういったサイトは大変重宝します。)



激やせをしてから6〜7年は経った頃だと思いますが、りえちゃんめちゃ綺麗でした!

いつ頃からが増えたのかなぁ。

顔の輪郭もげっそりと落ち込んだ様になっている時があるし、もう劣化してしまうと元には戻らないのかなぁ・・・。

ドラマ自体は面白かったです。

ビートたけし演じる怪人二十面相の助手を務めていたのがりえちゃん。

でも途中で二十面相を裏切る形になるものの、最後は二十面相と運命を共にする、という役どころでした。

昭和20年代の雰囲気が出ていて良かったです。

私は個人的に、田村正和演じる明智小五郎の亡くなった奥さん役をしていた時のりえちゃんが、一番綺麗に見えました。

髪型もボブのような感じで、可愛らしい印象を受けました。




20menso-3.jpg

20menso-4.jpg




りえちゃん、定番の長い髪も良いけれど、これくらいの髪型がよく似合ってますね。

しばらくの間ショートやボブの髪型にしていたことがありましたが、私はこれくらいの髪型が一番似合っていると思います。

今でももう少しふっくらしたら、この時のような美しさが戻るのでしょうか・・・。

というか、少しでもげっそりしていないりえちゃんが見たいですね。


↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓
 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

・・・りえちゃん?? [思うこと]

p870045181.jpg




10代の頃のりえちゃんの様子、なのだそうですが・・・、何か本当にそうなのかなぁ〜と思ったり、いや、まてよ、これは確かにりえちゃんかも・・・??と思ったり。

どうやらメイクの最中の様子なのでしょうが、一瞬これが本当にりえちゃんかどうか迷ってしまいました。

特に目元がいつもと違う印象を受けました。

これは10代の頃のりえちゃんで間違いない、のでしょうか???

少し疑問が残りながらこの記事を書いています・・・。


↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓
 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

カルティエとりえちゃん [思うこと]

p1019640692.jpg

p1019641806.jpg

p1019641007.jpg

p1019640633.jpg






雑誌「Marisol」 2010年12月号に掲載されていたりえちゃんです。

りえちゃんとカルティエは切っても切れない仲のようで、この企画でもカルティエの服を着たりえちゃんが登場しています。

私は特に最後の写真が好きですね、モードっぽくって。






確かりえちゃんは、2005年にカルティエ南青山店のオープン記念発表会が開かれた時も、自作の絵とともに発表会場に登場していました。

その時はオープンに向け発足した“青山芸術文化サロン”の理事も就任していました。

りえちゃんのアーティスティックな面が開花して、こういった役職を任されるまでになったんですね。



a_1.jpg

g2005071602rie.jpg




ちなみに2枚目の絵はりえちゃん直筆だそうです。

写真が小さいので分かりにくいですが、いつものタッチで描かれていますね。




ところで、りえちゃんが激やせ後にアメリカに一時的に引っ越したとき、現地で行われたカルティエのパーティ(お得意様限定のやつ)にりえちゃんが出席したことがありました。

当時は激やせ報道もあり、日本からいつもの様にマスコミが押し掛けていました。

りえちゃんは黒いドレスを着て、カルティエの大降りのピアスを着けて会場に現れていました。

このことは後に週刊誌でも取り上げられ、会場内を取材した記者によると、りえちゃんは会場内のアメリカ人たちからも注目を集めていて、赤い服を着たモデルたちの前に黒い服を着たりえちゃんがたまたま立ち止まった時などは、そのコントラストも相まってりえちゃんの美しさが際立って見えたそうです。

その姿を見たアメリカ人たちから「あの日本人は誰?」という質問が飛び交う程、りえちゃんの美しさは目を引くものがあったそうです。

残念ながらその時の画像は見つけられませんでしたが、やはりりえちゃんは人前に出るために生まれて来たようなところがあるんでしょうね。

普通のタレントレベルならそこまで注目を浴びることはなかったでしょうし、例え人前に出る仕事をしていても、高価な衣装や宝飾品類を使いこなせない人達は沢山いると思います。

例えて言うなら、「服に着せられた状態」に陥る人が多いのではないのでしょうか?

その点、りえちゃんは見事にそういったラグジュアリーアイテムを使いこなせるだけの素養が身に付いているんでしょうね。





はぁ〜、カルティエか・・・。

そんなもの、持ったことないなぁ。

やはり庶民の私には気軽に使えるアイテムで十分ですね・・・。


↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓
 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

りえちゃん関連で検索すると・・・ [思うこと]

さっきりえちゃん関連で検索していたら・・・、





Map_of_USA_highlighting_New_Mexico.png





これが出て来た。

これってSanta Feという街があるNew Mexico州を指した地図じゃないですか。

未だに「りえちゃん=サンタフェ」な人達が大勢いるんですね、私を含めて。

ということで、再びサンタフェのりえちゃんをご紹介・・・。





images.jpg

t02200396_0240043210510033168.jpg


↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓
 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

聖夜の奇跡の「東京的聖誕節」 [TV]

b0030643_8521357.jpg





これは1995年に放送された「聖夜の奇跡」というオムニバスドラマのうちの一つである、「東京的聖誕節」の一場面。

内容はと言うと、台湾留学生役の金城武と、田舎から上京美容師見習い中の女性演ずるりえちゃんとのラブストーリー

日本の恋人たちにならい(?)、お約束どおりのロマンチックなクリスマスイブをすごそうと、ものすごく背伸びをする。

しかし、慣れないことの連続で失敗ばかり。とうとうふたりの間の雰囲気までギクシャクしてしまう……




・・・のだそうです。

こんなドラマがあったことすら知らなかった。

ちなみにこれが金城武の日本ドラマデビュー作だったとのこと。

今から16年前かぁ〜。

私は何してただろう・・・?

もうすぐクリスマスですが、今年も日本ではイブに沢山のカップルたちが一緒に過ごすんでしょうか??

本当は次の日(12/25)が本番なんだけど、キリスト教では・・・。


↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓
 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。