So-net無料ブログ作成

本葬の弔問の様子 [思うこと]

36695.jpeg

 

 

中村勘三郎の本葬の弔問に訪れたりえちゃんのようすです。

通夜に続き本葬にも足を運んだんですね。

かなり薄化粧で、ちょっとすっぴんっぽく見えます。

服装もかなりおとなしめでまとめていて、質素なイメージですね。

ま、お葬式だから当たり前なんだけど。

すっぴんのりえちゃんって可愛らしいですね。

ハーフに見えない。 

 

 

 ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓

 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

娘さんは今3歳だって [思うこと]

t02200383_0525091312093365210.jpeg

eriegutti2.jpeg

 

今年の7月頃に撮られた写真だそうです。

今年3歳になる娘さんと一緒に街を歩いているりえちゃん。

娘さんの手提げ鞄はグッチだそうです。

個人的には、小さな頃から高価なブランド品を与えるのはあまり感心しませんが、この記事の内容に沿った意見を言うとすると、さすがはりえちゃん、なんでしょうね。

やっぱり芸能関係の親を持つと、りえちゃんの娘さんも将来はそういった方向に進むんでしょうかね。 

あと、りえちゃんの体型、少しだけふっくらしてきたんでしょうか?

この方がずっと見栄えも健康面でもいいと思います。 

 

 

 ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓

 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

通夜の弔問の様子 [思うこと]

20121211-00000002-dal-000-4-view.jpeg

nakamura23.jpeg

nakamura17.jpeg

nakamura16.jpeg

 

中村勘三郎の通夜にりえちゃんが弔問のため訪れたそうです。

午後4時頃に訪れ、約15分程で退座したそうですが、号泣していたとの事。

かつて男女の仲となり、その後も一緒に食事をする姿が度々見られるなど、勘三郎がりえちゃんの人生に大きく影響を与えた人物だったことは、容易に想像できます。

余程堪えたのでしょうね、通夜の席で号泣するなんて。

かつての不倫相手であっても、こうやって通夜の席に顔を出して最後の別れをするのはとても辛い事でしょうし、またそんなりえちゃんを迎え入れた勘三郎の奥さんがすごいなぁ、と思いました。 

一節には、不倫時代に勘三郎が歌舞伎の舞台(女人禁制の場)にりえちゃんを上げようとして、奥さんと揉めたとか何とか・・・。

ま、りえちゃんがまだ20歳そこそこの頃の話ですし、今となっては時効なんでしょうけれど、それでも梨園の妻というのは普通の世界に住む女性とはひと味もふた味も違うんですね。

それに正直りえちゃんも度胸があるというか、かつての不倫相手の通夜に顔を出すのは勇気がいる事だと思います。

恐らくかつての不倫相手以上に、父性を感じた相手であり、また演者として尊敬していた相手だからこそ、通夜の席に顔を出して最後のお別れをしたのだろうと思います。 

今はまだりえちゃんには辛い時期でしょうが、そのうち落ち着くだろうと思います・・・。

りえちゃん、頑張ってね。

ところでりえちゃん、髪切ったんだね。(タモリみたいな感想。) 

 

 

 ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓

 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

りえちゃんと勘九郎とお父さん [思うこと]

20121206mog00m200004000p_size5.jpeg

 

先日お亡くなりになった、歌舞伎俳優・中村勘三郎がかつて勘九郎だった時分に、 NHK大河ドラマ「元禄繚乱」でりえちゃんと共演しました。

上の写真は1998年2月に撮影されたもので、記者発表の時のものだそうです。

りえちゃんの激やせぶりが騒がれ始めたのは、この勘三郎との不倫の頃だったのですが、ちょうど同じ時期に貴乃花(当時・貴花田)の結婚話が進んでいたので、激やせはこの貴花田の結婚が原因ではないか?と、一部では言われていました。

(詳しくは「りえちゃん年譜」を参照) 

どうやら貴花田との破局は伏線で、勘三郎との不倫が直接的な激やせの引き金になった、というのが大方の見方のようです。

思春期から大人への移行期に破局というつまづきがあり、そこで父性を求める気持ちが勘三郎との不倫という形に繋がった。 

元々父性を知らずに育ったりえちゃんなので、異性との関係を築く際に必要な部分が欠けていた。

その穴埋めをしたのが勘三郎という親子程年の離れた相手だった、という事なのだと思います。

でも、相手には妻子がある上に何しろ歌舞伎界の大物ですから、りえちゃんと一緒になるという事はまずあり得ない。

そこでジレンマに苦しみだして、結果激やせへと繋がった、という事でしょう。 

ただ、勘三郎にのめり込んだりえちゃんが、相手を追いかけて撮影場所である京都まで押し掛けたりしていたようですから、ちょっと面倒くさい女だったのだろうと思います。 

慕っている人から離れられたくない、という気持ちが人一倍強かったのでしょうね。 

ちなみに激やせと騒がれた当時は、52kgあった体重が30kg台まで落ち込んだそうですから、相当な痩せ具合だったんですね。

o0800060010782305111.jpg

この写真は「昔に戻るのを受け入れていない」という、以前の記事から引用しています。

今となっては右側のりえちゃんの方が見慣れていますけど・・・。

今回の中村勘三郎の訃報はりえちゃんにとってショックが大きい事と思います。

これが引き金になって、また体調を崩さなければいいのですが。

 

ところで、りえちゃんとの不倫が騒がれていた頃、中村勘三郎が記者会見をした際に落ち武者みたいな格好でインタビューを受けていたのですが、その時の画像はどこを探しても見つかりません。

どなたか持ってませんか・・・?

あの時の勘三郎は「不倫なんてしてませんよっ」的な発言にも関わらず、目が思いっきりエロかったです。

よっぽど良かったんですかね、りえちゃんが。 

目は嘘をつきませんね。

あとこの騒動の後、もう一人のりえちゃんのお相手としてこれ以前から騒がれていたビートたけしと当の勘三郎の二人で、りえちゃんをりえママから救おうという動きがあったように記憶しています。

ただ、たけしが途中でお断りをしたために、勘三郎が怒って「あいつ(たけし)とは絶交だ!」という主旨のコメントを、東スポだかどこかの新聞社に対して行っていたと思うのですが、どなたか覚えていらっしゃいますか?

それもこれも、今となっては遠い記憶ですね・・・。 

 

 

 ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓

 
人気ブログランキングへ

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。