So-net無料ブログ作成
過去の記事(お引っ越し分) ブログトップ
前の10件 | -

2011-04-26 りえウォッチャーとしては・・・ [過去の記事(お引っ越し分)]

昨日の記事で書いたように、特に最近私は「りえウォッチャー」です。

宮沢りえちゃんの、ウォッチャーなんです。

他の「りえ」さんではありません。

で、りえちゃんの近況についてまた発見。

4月7日に彼女の誕生日パーティーが行われたらしく、その時の画像がアップされていました。



17-1.jpg

17-2.jpg

17-3.jpg




“チームりえ”って何かかわいいですね。

というか、彼女のお子さん(女の子)の後ろ姿、バッチリ写ってましたね。

まだ小さいんだ~。

りえちゃん、幸せそうな様子でしたね。

でも少しやつれ気味に見えたんだけど、大丈夫かなぁ・・・??



この誕生日パーティーには松たか子さんや鈴木京香さんも来られていたらしく、豪華なパーティーだったようですね。



やっぱりりえちゃんには華やかな場所が似合うと思う。


2011-04-15 最近妙に宮沢りえ [過去の記事(お引っ越し分)]

以前から「宮沢りえはかわいかったっ!」とこのブログで書いていましたが、特にここ最近になって人気絶頂だった頃のりえちゃんが気になってしょうがない。

あまりに気になっているので、パソコンの壁紙を「サンタフェ」の表紙の画像に替えました。



16-3.jpg




ちなみにさっき携帯の待ち受けもこれに替えました。

だってこのときのりえちゃんは人気絶頂の頃だったうえに、今考えてもこのこときのりえちゃんは整形していなかったと思う。




16-2.jpg




整形しなくてもこれだけのかわいさっ!!

おまけにこのスタイル。

全くいじっていなくてこれだけの容姿って・・・。




当時はこの人の強烈な個性がちょっと鼻について、正直「何か感じ悪い・・・」とネガティブな印象を持っていたのですが、今ではこの時のかわいさは最強だと思います。

多分、私が当時感じていた「個性」は、勿論彼女自身の持つ個性だったんでしょうが、それ以上に下手をすると「ゴリ押し」くらいの押しの強さと言うか、勢いがあったと思います。

でもこの押しの強さは、あれは完全にりえママの戦略だったんだろうなぁ、と今では少し気の毒に思ったりもしますが・・・。

だって10代の女の子にあれだけの強烈さは出せないでしょうから。

16か17くらいでふんどし姿になったり、その翌年くらいにこのヌード写真集を出したんですから、普通の感覚だったら10代で自らヌードになるとは思わないと思います。

彼女が激やせしたあとに「おしゃれカンケイ」というトーク番組に出たことがありました。

その時にこの写真集を手に取って、「あ~、この写真集、本当に好きなんだぁ~」みたいなことを言いながら手で表紙を撫でていました。

きっと激やせしてからあとの当時の彼女にとって、あの頃が一番良かったんでしょうね、仕事の面でも外見の面でも。

この時の様子をテレビで見た時にちょっと気の毒になりました。




今の日本のアイドルとか有名女優さんとかで彼女くらいのインパクトのある人はいませんね。

この意見は以前ブログにも書いていますが、例えばまた彼女のようなの勢いのある人が日本を席巻してくれると、また日本にも活気が戻って来るかも知れないのになぁ、などと少し残念に思ったりもしています。

別にアイドルとか女優さんでなくても良いんです。

誰か出てこないかなぁ~、そういう人。

いわゆる時代の寵児みたいなの。

そうしたらまた日本全体に活気が戻るし、日本が面白くなるのに。



という少し懐古的な気分もあって最近妙にりえちゃんなんです。






16-1.jpg

彼女が有名になったきっかけの一つの「ポカリスエット」のCMポスター。

バブル末期くらいのものですね。このキャッチコピーは上手い。


2011-04-02 どーでもいいけど [過去の記事(お引っ越し分)]




どーでも良いネタですが、宮沢りえが激やせを始めたのがこのCMのシリーズを撮っているときだったんですね。

こうやって見ていくと、急にげっそりと痩せていったのが分かります。

で、これからしばらくして、マスコミが大騒ぎした本当の激やせに入っていったんですね。

あの時はゴルフをしているりえちゃんを追いかけ回して、「あっ!!りえちゃん、水しか飲んでいませんっ!」とかなんとか言ってましたね。

当たり前だろ、ゴルフの最中にステーキ食べるやついないだろ。

いつの時代もマスコミのやることは同じですね。

その時の画像も見つけましたが、さすがにここには載せません。

やっぱりりえちゃんは昔の元気はつらつだった頃が一番良いですね。

というよりも、誰でも健康そうな時が一番いいと思う。




2011-03-04 すでに「優雅なエゴイズム」でやってたけど [過去の記事(お引っ越し分)]

宮沢りえちゃんがとある雑誌のモデルになったらしい。

で、有名な写真家によるポートレートとして写真を撮られたようで、写真展も開催されているみたい。



14-1.jpg



そう、りえちゃんが子どもの頃から憧れていたオードリーヘップバーンの「ティファニーで朝食を」をモチーフに(というかそのまま)写真を撮ったみたい。

でも、残念ながら私はこれは似てないと思う。

だってりえちゃんがその昔、婚約破棄後に「優雅なエゴイズム」という沢田研二が司会の番組に出たことがあって、その時にすでに同じような格好をしてたから。

そしてそっちのときの方がはるかに似てた、というか、私は良かったと思う。




14-2.jpg




このときのテーマは「オードリー・ヘプバーンの靴」というもので、第一回目の放送だったと思う。

彼女はその時のゲストで、オードリーのファッションを真似て出演していたように記憶してます。

かわいいですね、りえちゃん。





似てるかどうかというよりも、今回のりえちゃんよりも前の方が私は好きですね。





14-3.jpg

でもやっぱり本家には叶わないかなぁ。
(というより、りえちゃんはりえちゃん、ということで。)




2011-01-28 Steven Pollack [過去の記事(お引っ越し分)]

さっきネットでこんな人見つけた。

「Steven Pollack」という人ですが、この人、宮沢りえをモチーフに有名絵画と組み合わせた作品を作っているらしい。




13-1.jpg
Rie Miyazawa Demoiselles d'Avignon



13-2.jpg
Rie Miyazawa Descending a Staircase



13-3.jpg
Rie Miyazawa Le Dejeuner sur l' Herbe




13-4.jpg
Rie Miyazawa Mona Lisa



13-5.jpg
THE NEW MONALISA




ひょっとしてりえちゃんってすごいんじゃないか、と思ってしまう。

Steven Pollackという人物がどういう人かは分かりませんが、この人がりえちゃんから何かインスパイアされて作品を作ろうと思った時点で、りえちゃんが並みのアイドルじゃなかった気がする。

多分りえちゃん世代だからこうやって熱く語っているんでしょうが、そうでなくてもりえちゃんには(無理かも知れないけど)昔のような健康美を取り戻して欲しいですね。



もう一度あの頃のりえちゃんが見たいです。



2011-01-25 ちょっと・・・ [過去の記事(お引っ越し分)]

ネットの記事とか読んでると、韓国のアイドルとか女優さんとかの整形ネタを言い過ぎ!!

確かに明らかにいじってるって人達が多いですが、それは国を問わず外見を売りにしている人なら大抵いじってますってっ!

それに大体日本の有名女優さんたちだっていじりっぷりすごいじゃないですか。

例えば松嶋菜々子。

あの人の上あごの前歯が入れ歯なのは有名な話。

(厳密にはマグネット式の着脱可能な入れ歯、という事です)

何でも、アメリカのセレブたちの間でよく使われている手法らしいです。

それに鼻だって中に入れてるの丸わかりだし。

あと、この間日本の母が送ってくれた品物の中に日本の新聞が入っていたのですが、記事下広告に宮沢りえが出てました。

口元は・・・、もう知ってる人も多いでしょうが拒食症の影響でエナメル質が解けたために下あごの前歯6本以外の全ての歯を審美歯科で直してます。

だから広告を見た時「人工的な顔だなぁ~」と思いました。

でもやっぱり綺麗だけど。

それに整形の代表格と言えば、やっぱり聖子ちゃんでしょ。

あれに勝るものはなし。

(あ、浜崎あゆみがいたっけ・・・)



その昔「榎本健一(通称エノケン)」という喜劇役者がいました。

この人は確か30代の頃に健康だった歯を全て抜いて、総入れ歯にしてたそうです。

理由は「お客さんの前に出るからには綺麗な歯をしておかないと」というものだったらしい。

勿論入れ歯で台詞回しや歌を歌う練習をかなりされたそうです。

それに一説によると、整形技術が発達したのは戦後の日本がきっかけ、だそうです。

昔見たテレビによると、戦後の日本で米兵相手に売春行為をする芸者や娼婦が西洋人好みの大きめの胸にした、というのがそもそもこういった技術が発達したきっかけだった、というもの。

真偽の程は別にして、今も昔も東洋人が抱くコンプレックスの第一位と言っても過言じゃないかも。(私を筆頭に・・・)




何にしろ、あんまりこういうゴシップはよろしくないですな。

特に人種に絡めて言うのはちょっとお互いに控えましょう・・・。



12-2.jpg

12-1.jpg


確かに綺麗ですよね、りえちゃんって。

(でも印象が化粧で随分変わるんですね)




2010-11-29 いじりすぎたのね・・・ [過去の記事(お引っ越し分)]

さっきネット検索していてこんなの見つけた。


11-1.jpg



この左の男の人、なんで宮沢りえの「サンタフェ」のヌード写真をプリントしたシャツ着てるんだ???

と思ったけど、その右側に写っている人(男?女?)の方にもっと度肝を抜かれた。

(「度肝を抜かれる」って最近使わない言葉よね。久しぶりに使ったわ・・・。)

この人、誰かと申しますと、ピート・バーンズという英国のバンド「デッド・オア・アライブ」のボーカリストだそうです。

そう男なんですね、この人。

でなんでこうなったかと言うと、この人無類の整形好きだそうで、整形しすぎてこんな顔になったらしい。

昔は(というか元は)なかなかの美形だったようですよ・・・。





Before

11-2.jpg

11-3.jpg





After

11-4.jpg






ちなみに4枚目の写真はピート・バーンズの夫(?)である年下のマイケル・シンプソンと同性結婚をした時のもの。

そう、一番最初の写真に写っている、宮沢りえのヌード写真プリント付きシャツの男の人は、この整形しまくりロッカーの夫だったんです。

イギリスではとても有名な人らしいですが、さすがにこれはちょっとグロいレベル。

整形だけじゃなくて、顔中に何だか良く分からんものつけてますね。

ピアスか何かですか?

整形にハマる人って痛み止めを常に飲んでるらしいから、きっとこの人も痛みを感じなくなって来てるのかもしれないですね。


11-5.jpg
何はともあれ、お幸せに・・・。



2010-09-08 いっそのこと [過去の記事(お引っ越し分)]

10-2.jpg




このときの会見、「実は人生を懸けた一大コントでした~」って冗談に出来ないかなぁ・・・。

ま、どうひっくり返っても無理だろうけど。

今はお互いに家庭があるし、20年近く前の出来事だからそろそろ忘れてると思うけど、あれ以来「宮沢りえ=貴乃花(もしくは相撲取り)」っていう図式が出来ちゃったからなぁ・・・。

でもやっぱり宮沢りえといえば、貴乃花との破局以降どう頑張っても不幸がつきまとったイメージがあって・・・。

この件以降りえちゃんの人気が落ちていったのよね。。。

で、世間がとんでもなくびっくりした拒食症。

拒食症になる前に既にその前兆はあったんだけど、やっぱり骨と皮だけのような姿で振り袖を着てテレビの前に出てきたときの衝撃度と言ったら・・・。

あのときのマスコミの興味本位の追っかけ回し方もひどかった。

面白可笑しく書き立てたしね。

多分あれが彼女の精神状態にかなり影響したと思う。

だって当たり前でしょっ!!

あれだけ「可愛い」「美人」ともてはやされてた人がまるで骸骨の様になってしまって、唯でさえも精神的に弱り切っていただろうに、そこにマスコミが「鶏ガラ痩せ」とか「痩せすぎて頭が巨大化」などと騒ぎ立てたもんだから、言われてる本人に取ったらたまったもんじゃない。

日本のマスコミももうちょっと考えた方が良いよ・・・。



何はともあれ、出産して少しふっくらした感じだし、このまま昔のような溌剌さを取り戻して欲しいな~、と思います。

あと、もう不幸を背負った印象は捨てられるようなら捨てて欲しいなぁ・・・。

これを人は「はかなげ」と呼びますが、りえちゃんには似合わないよ。




ぜ~んぶイヤなことはポイしちゃえっ (^ _^)ノ⌒(嫌)






10-1.jpg
これも一緒にポイしちゃえ。



2010-09-08 何か、、、 [過去の記事(お引っ越し分)]

09-5.jpg


09-4.jpg


2人とも老けたねぇ・・・。

昔はそれぞれ人気を博した女優さんだっただけに、時代の流れを感じてちょっと複雑。




09-3.jpg

「東京ラブストーリー」の時の鈴木保奈美。可愛かったのよ。


09-2.jpg

この頃は溌剌とした印象がありました。




どちらも90年代に活躍した女優さん(宮沢りえはアイドルだったけど)。

私が10代の頃に大人気でした。

でもあれから20年くらい経ってもまだこれだけ綺麗だから、やっぱりこれってすごいことよね。







09-1.jpg

いくら可愛くても、これは止めた方がいいと思う。


2010-09-08 なぜキティちゃんを・・・ [過去の記事(お引っ越し分)]




決してこれが悪いとは言っていません。

でも、わざわざキティちゃんを実写にする必要があったのかどうか・・・。

それならキティちゃんの着ぐるみをきた宮沢りえでも良かったし、いっそのことキティちゃんの着ぐるみが出ても良いのではないかと思う今日この頃。

これって日本では受けてるの?




前の10件 | - 過去の記事(お引っ越し分) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。