So-net無料ブログ作成
検索選択

「ママ以外は人間じゃない」の続き [思うこと]

昨日書いた記事「ママ以外は人間じゃない」を思い返していて、ふと思い出したのが、この映画

「La Vie en Rose」という、シャンソン歌手・エディットピアフの生涯を描いた映画の中で、エディットと10代の頃のりえちゃんの姿が、多少たぶる場面があります。

(あくまでも私の視点から見ると、ですが。)

 

La-Vie-En-Rose.jpg

la_vie_en_rose-360x307.jpg 

 

 

歌手としてデビューする前、エディットは道端で歌を歌っては日銭を稼ぐ生活をしていました。

でも一日稼いだお金は、その土地を牛耳る人にピンハネされ、もしその人が満足する金額を稼げなければ、「もっと稼げ。でなければ、その辺で脚を広げて体を売ることになるぞ。」と脅されます。

その時のエディットは、うろたえ、おろおろしながら、「ごめんなさい。今度はもっと稼いできますから、どうぞここに置いて下さい。」と、まるで捨てられそうな小さな子供のように、その元締めにすがって懇願するのです。

 

lavieenrose16.jpg

 

歌手としてパリの有名なナイトクラブでデビューした後、不運な出来事により、エディットは歌うことが出来なくなります。

そのエディットを一から教育し直し、プロの歌手として再出発させようと、一人の音楽家が援助の手を差し伸べます。

ですが、彼のレッスンは過酷を極め、不運な幼少期の影響から極度の神経質だったエディットは、何度もレッスンを放り投げようとします。

その度に、音楽家である彼は、エディットに厳しく接し、プロとしてやっていくように励ますのです。

その時のエディットは、厳しく接する音楽家の男性に、まるで小さな子供が懇願するような目で、すがろうとします。

6389.jpg

tumblr_l6e8laNIvQ1qarwhv.jpg 

 

 

りえちゃんもエディットのように、幼少期に庇護者であるはずの親から離れられた、もしくは独りぼっちの経験をしたことがあるのではないか、と、この映画と10代の頃のりえちゃんの様子を比べて思いました。

エディットのような壮絶なものではなかったにせよ、りえママに捨てられたくない、という強烈な不安心理は、どう考えても幼少期の親子関係が原因だと思います。

そう考えたら、まだりえママと強~い絆で繋がっているにせよ、今のりえちゃん、かなり大きく殻が破けたんだなぁ、とふと感じました。

以前書いた記事「昔に戻るのを受け入れていない」でも触れていますが、やはり芸能界という特殊な環境(10代の女の子にはちょっと辛いでしょうね)で、さらに実の母親が公私ともに仕切っている中で、彼女の人生の正負のバランスが崩れてしまった時に、自身の心のバランスを大きく崩し、それが拒食症という形で表面に現れた。

その状態から、よくここまで回復したものだなぁ、と思いました。 

でも、古田新太とのツーショット写真やそれ以外の過去の男性との写真(又は出来事)を思い返すと、やはり誰かに頼りたい、又は守られたい、という強い意識は残っているんですね。

ただ、それがりえちゃんの魅力でもあるわけで・・・。

 

う~ん、何だか複雑な気分。

 

 

 

  ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓



共通テーマ:日記・雑感

ママ以外は人間じゃない [思うこと]

興味深いブログを発見。

ブログの主は、りえちゃんが10代の頃、仕事の関係でりえちゃんの自宅に、家具の売り込みに訪れたことがあるのだそうです。

ちょうどふんどしカレンダーを出した後で、サンタフェを出す前だったとのこと。

間近で見た人気絶頂の頃のりえちゃんは、まさに輝くような美しさだったそうです。

 

605800866.jpg

1211202636.jpg 

 

ただ、その時のりえちゃんは、りえママ以外の人間はこの世に存在していないかの様に、出入り業者を完全無視していたそうです。

当然、このブログ主さんも思いっきり無視。

 

そして、りえママ以外は人間じゃない、という態度でママにべったり。

この世で唯一信じているのはママだけ、と言わんばかりに、終始アピールしていたそうです。

その姿を見たブログ主さんは、りえちゃんのりえママに対する恐れや、愛情の渇望を感じたのだとか。

 

このブログ主さんは、最後にりえちゃんはママに捨てられたくないから、ヌードになったのでは?と指摘した上で、『嫌がる娘を脱がせたママは、娘の拒食症という形で「母親としてあんたはどうよ?」という現実を突きつけられたのだ。なんてことを、後に私は思った。』という文面で締めくくっていました。

また、当時のりえちゃんの様子を「異様な態度」とも指摘していました。

 

この頃はりえちゃんのアイドルとしての絶頂期。

当時を少しでも知る人物が感じた「異様な態度」を見ると、当時のりえちゃんとりえママの親子関係は、思った以上に深刻だったんですね。

 

そう考えると、りえちゃんには健康で人気絶頂だった頃から、既に薄幸の素地は十分過ぎるくらい内在していたのかなぁ。

 

 

 

  ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓



共通テーマ:日記・雑感

京都新聞社発行「大相撲グラフ 貴花田」 [思うこと]

 「りえ 貴乃花」で検索していて、こんな画像を発見。

 

 47409213_o1.JPG

 

何でも、「大相撲グラフ 貴花田」という雑誌に掲載されているらしく、現貴乃花の現役時代の足跡が一目で分かる内容(?)なんでしょうかね・・・。

ちなみに、この雑誌の詳細はこんな感じです。

 

書名:『大相撲グラフ 貴花田』 

文:新山善一、前田忠明他

刊行:京都新聞社

発行年:1992年(初版第1刷)285x210mm 128頁

宮沢りえとの婚約を発表した頃の貴花田(後の横綱貴乃花)の写真集。「熱闘七番勝負」、「若・貴兄弟の歩み~入門から三役昇進までの四年間~」、「藤島部屋の関取たち」、「ライバルたち」、「花田家物語」、「九重親方(元千代の富士)・三浦知良(カズ)からの応援メッセージ」、「おめでとう 貴・りえ 著名人語録」、「貴・りえ婚約騒動記(前田忠明)」、「平成4年(1992年)6場所全取組」など、充実の内容。 

 


この人の現役時代は、やっぱりりえちゃんとの婚約騒動を抜きにして語れないんですかね、この内容を見ると。 

 

それにしても、京都新聞社ってこんなのも出してたんですね、渋い。

この写真のりえちゃん、すごく幸せそう。 

 

 

 

  ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓



共通テーマ:日記・雑感

Rie Miyazawa's Kemetic Horoscope [思うこと]

ネットでいつものように、りえちゃんに関する画像を検索していると、こんな画像を発見。

 

who-is-Rie-Miyazawa-is-star-or-no-star-Rie-Miyazawa-celebrity-vote.jpg 

 

多分りえちゃんと思われるんですが、髪型とか化粧とかでりえちゃんの印象が随分と変わってますね。

多分、これはまだ10代の頃のものだと思います。

いつ撮られたんだろう?

ちなみにこの画像は、日本国外のサイトで使われてるみたいです。

日本のサイトにはまだアップされてないみたい。

 

この画像を見つけたのは、「StarNoStar.com」というアメリカ(かな?)のサイト内にある、「Rie Miyazawa's Kemetic Horoscope」というページでした。

これはどうやら、古代エジプト占星術らしく、それに基づいたりえちゃんの占い結果は次の通りです。 

Rie Miyazawa's Kemetic Horoscope

God / Goddess
Taweret
Birth Color(s)
Pink, Purple
Birth Flower(s)
Daisy, Sweet Pea
Birth Stone(s)
Diamond
Lucky Day
Tuesday
Lucky Color(s)
Red
Lucky Number(s)
9
Metal
Iron (Ferrum)
Medical Astrology
head

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中にはいろんなサイトがあるんですね。

 

 

 

  ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓



共通テーマ:日記・雑感

御礼 [思うこと]

 最近、ネットでりえちゃんについて検索すると、時々わたしが以前書いた記事をもとにして書かれている記事を見かけることがあります。

特に「りえちゃんの歯」という記事を参考にされているものを見かけることがあります。

いや~、何てことないんですけど、ちょっと嬉しいですね。

私がちまちまと書いた記事が、不特定多数の人達の目に触れて、それをもとにしてまた記事を書かれる・・・。

何てことないですけど、日本の社会とちょっとだけつながりが持てている気がして、何だか嬉しいですね。

ということで、何てことないですが、日頃の感謝を込めて、ちょっとだけ御礼申し上げます。

 

ちなみに・・・

現在私は、りえちゃんの代表作(?)である「Santa Fe」の舞台となった、ニューメキシコ州・サンタフェから、大体車で10時間くらい(?)離れたところに住んでいます。

サンタフェには数年前に行きました。

アートが盛んな土地らしく、ヌード写真集から受けるイメージとはちょっと違ってました。

砂漠の土地に住むのも、悪くはないですよ。 

 

 

 a5f1e808.jpg

 

 

 

 

  ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓



共通テーマ:日記・雑感

「いいとも!」のりえちゃん [思うこと]

2014年2月28日放送の「笑っていいとも!」の「テレホンショッキング」に、りえちゃんがゲスト出演しました。

何でも5年ぶりらしく、すっかり落ち着いた雰囲気のりえちゃんは、白地に金の着物で登場しました。

 

登場シーン辺りをちょっとだけ画像で紹介・・・。

 

iitomo_rie01.jpg

iitomo_rie02.jpg

iitomo_rie03.jpg

iitomo_rie04.jpg

iitomo_rie05.jpg

iitomo_rie06.jpg

 

 

りえちゃんとタモさんの似顔絵入りケーキは、3月で終了する「いいとも!」のために、りえちゃんがお祝いとして差し入れたものです。

着物姿もお祝いの気持ちで選んだのだそうです。

 

途中、15歳当時のりえちゃんのパネル写真が紹介されていました。

今から25年前の写真を出されるのって、やっぱり緊張しますよね(笑)

 

会話の中で、りえちゃんが22~3歳の頃、たまにバーでタモさんと一緒になることがあった、という話が出ていました。

何でも、タモさんはしばらく横にいるりえちゃんを見てたのだそうですが、思い切って「今から2分間、じっと見ていいですか?」と直談判して、本当に2分間、りえちゃんを凝視したのだそうです。

タモさん曰く「綺麗だから見てしまうんだけど、ちらっちらっと見られるのも嫌だろうから、2分間じっと見ていいか聞いた」とのこと。

りえちゃんは「いいですよ~」と言いながら、飲んでたらしいです。

 

ただ、ちょっと気になったのは、りえちゃん、フリートーク向いてないのかも・・・。

ひょっとしたらイメージを保つためにあんな感じだったのかもしれませんが、正直、会話は面白くなかったです(駄)

というか、ちょっと作ってる感があって、かる~くイラついた。

なので、実をいうと途中で見るのを止めました。

 

ぶりっ子なりえちゃんよりも、少しだけ素の姿が出てる方が、ずっと魅力的だと思う。 

 

 

 

 

  ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓



共通テーマ:日記・雑感

りえママ♡ [思うこと]

t02200293_0240032011057082181.jpg

 

「宮沢りえ ママ 画像」で検索したら出てきた。

多分昔の写真だと思います。

今も当時の容姿と体形をキープしているなんて、ある意味りえママすごいですね。

 

ちなみにこれが現在のりえママ。貫禄あり過ぎですね。

 

 

20130513-00000004-dal-000-2-view.jpg 

 

 

りえママだけで、何となくネタになる気がするのは、気のせいでしょうか・・・?

 

 

 

「りえママの 画像だけでも ネタになる」 

 

 

 

 

 

  ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓



共通テーマ:日記・雑感

「北の国から」の温泉シーン [思うこと]

1254789836.jpg

このブログを立ち上げた最初の頃の記事で、「北の国から '95 秘密」に関する話題を取り上げました。

その中で、温泉に浸かるりえちゃんの写真を載せましたが、今回は田中邦衛と一緒に写っている写真を紹介します。

確かこのドラマの数年後くらいに、何かの雑誌で篠山紀信が撮影した、温泉に浸かるりえちゃんのグラビア(?)写真が少しだけ話題になったのですが、どこを探しても見つかりません。

その頃は激ヤセ真っただ中だったので、ちらっと写った足首が棒のようだったのを覚えてます。

その時のりえちゃんの表情は、何となく寂しそうで元気がない様子でした。

普通にしていてもそういう心理状態だったんでしょうね。

「Santa Fe」の頃とは比べ物にならないくらい、心身共にしぼんでしまったりえちゃんは、ちょっと痛々しかったです。

その時の写真は、一応「Santa Fe」以来の篠山紀信による写真撮影!といった風に銘打たれていましたが、正直さっぱり話題にならず、あまり露天風呂でしょんぼりしているほっそりしたりえちゃんを見たくはなかったです。

今だったらもう少し元気が出てきてるから、そういうしょんぼりしたオーラも大分無くなったかな? 

 

 

  ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓



共通テーマ:日記・雑感

どうしても見つけられない・・・ [思うこと]

miyazawaRie_539ea719cb71ce6542a9adc5.jpg

 

この画像をネットで見つけたのですが、いつ頃撮られたものなのか、どうやっても見つけられず、残念です・・・。

ほとんどアップされていないのと、上げられているのが中華系サイト中心なので、情報が全く見つからず。

よく分からないけど、とりあえず見たことがないものだったので、こちらで紹介しておきます。 

 

 

  ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓



共通テーマ:日記・雑感

「Santa Fe事件」と呼ばれている [思うこと]

2014年2月23日付の産經新聞のサイト内で、下着の歴史の変遷に見る、日本女性の意識の変化の関係に関する記事を見つけました。

その中から、りえちゃんの有名な写真集「Santa Fe」に関する部分だけちょっと紹介・・・。

 

>・・・そんな中、平成3(1991)年、事件が起きる。女優、宮沢りえさんのヌード写真集「Santa Fe」の発売だ。

  「宮沢さんの健康的なスタイルにあこがれ、それまで日本女性の中では否定的だったグラマーなバストへの要求が高まったのです」(福岡さん)。  

当時については、今もワコール社内で「Santa Fe事件」と象徴的に語られている。宮沢さんに触発された女性たちの中で、自分の体をきれいにみせたいという意識が高まった。

翌4年、同社が発売した「寄せて 上げる」のキャッチコピーで知られる、ブラジャー「グッドアップブラ」は大ヒット。20年以上がたった現在も「寄せて 上げる」は、同社の主なブラジャーの基本機能だ。

 

なるほど、りえちゃんのあの抜群のスタイルが、当時の日本人女性のバストへの意識変化をもたらした。

「寄せて上げるブラ」誕生の裏側には、こんな理由が隠されていたんですね。

確かに、りえちゃんの写真集以後、(あくまでも一部の)一般女性の間で、記念にヌード写真を撮るのが流行っていました。

りえちゃんが会見の席で、「体が綺麗なうちに撮っておきたかった」と発言したのを受けて、そんな流行が起きました。

今の若い女の子達はとってもスタイルが良いから、りえちゃんのヌードがどれだけ当時の日本人女性にインパクトを与えたか、あまり理解できないかもしれません。

当時も今も痩せっぽちの私には、今でも鮮明に残っている記憶です。

 

 

pic.yupoo.jpg 

 

 

 

  ↓ ↓ ↓ ポチッと押してね↓ ↓ ↓



共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。